アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
★五十嵐秀彦第一句集『無量』発刊
いつもいつもメール句会やFacebookでお世話になっている札幌在住の五十嵐秀彦さんが、第一句集『無量』(出版社・書肆アルス)を上梓された。黒田杏子先生や深谷雄大先生に絶賛されている。「藍生」と「雪華」所属。新聞のコラムも持ち、俳句集団「イタック」の代表でもおられる。また第23回現代俳句評論賞を受賞されている。 以下に自分勝手に抄出した作品を記す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/06 04:23
★『現俳』5月号に寄稿してます。
★『現俳』5月号に寄稿してます。 『現代俳句』誌5月号に随想を寄稿してます。 タイトルは「空がきれい」。 自分の気持ちを整理できました。 現俳の諸兄諸姉にはご笑覧いただければ幸いです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/05/01 04:58
★じゃんけんで負けて蛍に生まれたの<池田澄子>
★じゃんけんで負けて蛍に生まれたの<池田澄子> 池田澄子先生にお便りをいただく。 かの有名な「じゃんけんで負けて蛍に生まれたの    澄子」 の作者である。 この句は中高の教科書にも載っているらしい。 学校の先生は、どうゆう風に教えるのだろう。 学習指導要領には、どのように書かれているのだろう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/13 04:51
★九州の中山宙虫さんの書評
★九州の中山宙虫さんの書評 http://musinandanikki.at.webry.info/201212/article_7.html 中山宙虫さんが書評を書いてくださった。↑ たいへん鋭い批評である。 春の雲柩に犬は尾を振りて         亜紀彦 今年の現代俳句協会賞受賞の前田弘先生が代表の同人誌「歯車」にもこの句が取り上げられていた。 闌春―句集 (文學の森haikuーlibrary)文学の森 高橋亜紀彦 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/12/11 01:00
★金子兜太先生と神野紗希さんからお便りが。
★金子兜太先生と神野紗希さんからお便りが。 金子兜太先生と神野紗希さんからお便りをいただく。 有り難いことです。 お二方ともご多忙にも関わらず。 とくに神野紗希さんは「颱風や仔犬仄かに犬臭し」、 「走り書きのメモに菜飯がありますと」の2句にコメントを書いてくださった。 かたじけないことです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/29 05:51
★『闌春』自選十句(帯より)
★『闌春』自選十句(帯より) 夏シャツの風のかたちに乾きけり ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/27 18:50
★一月の母吾が名前あやまらず<亜紀彦>
★一月の母吾が名前あやまらず<亜紀彦> 実はこれが句集上梓の大きなきっかけでした。 第224回 藍生4月例会http://www.mmjp.or.jp/aoi/2012/tokyo/2012-04.html この特選句から『闌春』という書名が決まりました。 この記事のタイトルの句も黒田杏子主宰の特選にしていただいたのでした。 12月の東京例会は予定が入っているので、欠席投句となりました。 なお、黒田杏子先生の句集を私は殆ど読んでいないというテイタラク・・・。 http://www.amazon.co.jp/%E6%9A%A... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/25 23:17

トップへ | みんなの「本」ブログ

あっきぃの海月の骨 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる